So-net無料ブログ作成
検索選択

一定に粉を挽く意識 [蕎麦研製粉所]

北海道産 そば ほろみのり 自家製粉します。

蕎麦の実を石臼に投入する量を一回転に7,8 粒程度になるように意識して、メトロノームで一定回転数になるように意識して製粉するようになったら、比較的一定の分布になってきました。「ほろみのり」の3回分が意識して石臼を引いたものです。
だんだん石臼の扱い方が分かってきたか?

挽きData.jpg

挽きレートは、石臼に投入した実の総重量を石臼を回転している時間で割ったものです。

湿度と気温も記載していますが、あまり相関はなさそうです。

挽く速度を変えたり、投入量を変えたりすると粉の粒径がどんな感じになるのか試してみようと思います。

今日の出来です。

ちょっといまいちでした。水量が多かったような・・・
粒径分布と蕎麦の出来は別物です。(^^;

004.JPG
006.JPG


今回も読んでいただきありがとうございました。
nice!(7)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

nice! 7

コメント 2

さる1号

ほのみのり の三回は比較的安定どころか同一のクオリティと言っても良いレベルと思います。
回転数が変わると分布がどう変わるか、興味深いです。

by さる1号 (2011-06-12 22:18) 

たー

さる1号さん
いつもありがとうございます。
一定になるように丁寧に挽けば、質は保てそうな感じです。
回転数を変えてどのような感じになるか試してみようと思います。
一定に挽けないと何が変わったのか分かりませんので。(^^;
by たー (2011-06-12 22:51) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。