So-net無料ブログ作成

通販蕎麦粉 恐るべし!!! [蕎麦粉の検討]

一昨日通販で頼んでおいた蕎麦粉がとどいたので、打ってみました。

とりあえず高山製粉さんの「蓼科」で試してみました。時期的に新蕎麦なのか、香りがものすごく良いです。
手で握ったところ、塊ができてポロポロ崩れるので新鮮である事は確認できました。

確かに折り目部分からは切れるのですが、生地の途中部分から切れることがほとんど無いようで、ぶつ切りの蕎麦がほとんどありませんでした。つながりの点では蓼科のほうが断然上でしょう。粉でつながり状態は変わるのは分かりましたが、実際に粉の何が違うのでしょう?しかし広告に書かれていた「良くつながる」というのは本当でした。

菊練りまで最近の久木野蕎麦粉では18分程度かかります。(打ち始めのころは12分程度。なぜこの時間差が生じるのか分かっていません。)自然に任せようと思ってあえて時間にこだわらず、自然にくくりができた時間で最近は打っています。蓼科が10分程度で、くくりやすさというところでは蓼科が上、蕎麦の出来上がりは蕎麦の風味は久木野が若干優っているような気がします。蓼科のほうが白っぽい蕎麦ができあがります。

あと、打ち粉ですが、昨日UPしたようにサラサラの粉が送られてきました。やっぱり打ち粉は重要な要素でしょう。

しばらく通販の蕎麦粉で打ってみることにします。

送られてきたのは以下。

091123_1.JPG

粉の中に蕎麦の打ち方の紙が入っていまして、その中に「ラップでくるんで20~30分寝かす」という記載があったので、次は実施してみようと思います。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0